景気が好転して来た影響で新卒学生を対象とした求人の動きが活発になっています。募集人数も増え説明会などの日程も早くなったり回数を増やしたりと積極的になっている感があります。 こうした動きを察知してか大企業を志望する学生が多くなっているようで、中小企業に対する反応が例年に比べて鈍いようです。 しかしだからといって就職活動自体が優しくなったかといえば決してそうではありません。というのも採用側は選考のレベルを下げてはおらず、結果的に厳しい就職事情は変わっていないのかもしれません。 一方で転職組に対する見方は変わっていません。むしろ新卒を多く採用することで転職組にはより即戦力を求める動きが高まっており、選考の基準は厳しくなっている感さえあります。 つまり学生や若年層における就職事情は若干改善されつつありますが、中高年をはじめとした転職組はますます厳しくなっており、就職事情においても二極化が進んでいるように思われます。